各レーザーの特徴

女性

シミ治療などのために美容外科でレーザーをすることを検討しているなら、特徴や治療をしたあとの経過について知っておくべきです。炭酸ガスレーザーの場合、レーザーの光で皮膚の表面を削り取ることになります。治療後は皮膚色の保護テープを貼り、3日くらいは洗顔やメイクをするときも剥がさないことが大切です。落ち着いて来たら保護テープを剥がし、ばい菌の侵入や化膿を予防するために抗生物質入りのクリームを塗ってケアをする必要があります。肌にフラットに光を届けて治療を行うQスイッチヤグレーザーの場合、炭酸ガスレーザーよりも比較的治療後のダウンタイムがおだやかです。ただし、治療後は炭酸ガスレーザーと同じようにへこみや赤みが残りやすいので、丁寧にケアをすることが大切です。

ほくろやあざに効く

レーザーといっても特徴が様々で、それぞれにおいて肌への効き方や治療後の経過などが微妙に異なります。そのため、一つだけではなく複数のタイプのレーザーを導入して使い分けている美容外科がほとんどです。美容外科において一般的に主力級の扱いになっているのが炭酸ガス(CO2)レーザーです。たとえばほくろやあざなどを消したい場合に使うことが多い代表的なレーザーです。炭酸ガスレーザーで消したあとには、照射したあとが出血してへこんでいる状態になりますが、照射後2ヶ月3ヶ月と経過するにつれて目立たなくなっていきます。小さいほくろなら一発で飛ばすことができて通院不要な上、施術料金も比較的お手頃です。

低刺激なレーザー

Qスイッチヤグレーザーは肝斑の治療やシミ・そばかすの治療などで使われることが多く、これも美容外科でよく導入されています。刺激が弱く肌に優しいのが特徴で、炭酸ガスレーザーよりもダウンタイムが少ないです。シミやそばかすに照射すると黒い色素沈着がいったん濃く浮き出たようになり、やがて赤くなってかさぶたになります。ここで焦ってかさぶたを無理やり剥がしてしまうと、あとが残ってしまうので注意が必要です。デリケートな肝斑の治療では全体的に弱めの光を照射するので、治療後に出血したりすることはないです。紫外線を当てないように細心の注意を払い、医師の指示に従ってアフターケアを行う必要があります。薄い肝斑ならば一回のQスイッチヤグレーザーで消えることがありますが、念のために何回か繰り返すとなお効果的です。レーザーにはただ色素沈着を飛ばすだけではなく、コラーゲンの生成を活性化してハリを出す効果もあります。

広告募集中